暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【不仲,共演NG】角田信朗,松本人志の確執!真相や業務停止処分の理由は?

   

こんにちは。NALです!

今回は角田信朗さんを取り上げます。

角田信朗

角田信朗さんといえば、格闘家として広く名前が知られています。

空手を武器に数々の格闘大会に出場してきた角田さんですが、近年ではボディビルの大会にも出場するなどボディビルダーとしても活躍しています。

格闘家としての才覚は言うまでもなく、バラエティ番組でも通じるトーク力も持ち合わせている角田さんですが、ここに来て世間を騒然とさせる事態となっています。

ことの発端は彼のブログでした。

というのも、そのブログの中で”ある人物”との確執が明らかになったからです。

角田さんが明かしたところによると、その人物とは”ある事件”をきっかけにして「共演NG」になってしまったと言うのです。

角田さんとの確執が明らかになった人物というのが、松本人志さんでした。

%e6%9d%be%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e5%bf%97

一体、2人の間に何があったというのでしょうか?

今回の確執・共演NG騒動を受けてネット上では以下のことが話題となっています。

(1)角田信朗が松本人志との確執を告白!共演NG・不仲説の真相とは?

(2)角田信朗が業務停止処分を受けた理由

果たしてこれらの話題は真実なのでしょうか?

今回は松本人志さんの確執および共演NGを告白した格闘家、角田信朗さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

角田信朗が松本人志との確執を告白!共演NG・不仲説の真相とは?

冒頭でも触れた通り、角田信朗さんは松本人志さんとの確執・共演NGを告白したことで世間から大きな注目を集めています。

本人が明かしたところによると、確執の原因は2010年前後に発生した”ある事件”とのこと。

一体、2人の間に確執を生んだ事件とはどのようなものだったのでしょうか?

この事件について2017年1月16日に配信された「デイリースポーツ」は次のように報じています。

格闘家でK-1競技統括プロデューサーの角田信朗(55)が16日に更新したブログで、
ダウンタウン・松本人志(53)との長年にわたる確執を明かし、
関係修復を訴えた。

角田いわく、
約7~8年前の「ある事件」がきっかけで

「ボクはダウンタウンの番組に全く呼ばれなくなってしまったのです!」

としている。

かつて日本テレビ系「ダウンタウンDX」や浜田雅功が司会を務めるフジテレビ系「ジャンクSPORTS」の常連だった角田。

この日

「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」

と題したエントリーで松本との確執を長文のメッセージとともに「初告白」した。

角田の説明による経緯はこうだ。

角田にダウンタウンの番組から

『芸人対抗・叩いて被ってジャンケンポン選手権』のレフェリーをやってほしい、

と出演オファーがきた。

角田は喜んだが、

「当時K-1はジャッジやレフェリングに様々な問題提起が為され物議を醸していた時期でした!

ミスジャッジの存在やそれこそ武田幸三引退試合のボクのレフェリング然り!」

と自身がレフェリーを務め、
3カ月の業務停止処分を受けた試合(09年10月)などに触れ、
時期が悪いことから、
泣く泣く出演依頼を断ったという。

1年後、
「ダウンタウンDX」から出演依頼が届き、
喜んだが、
今度は収録当日に、
突然収録が中止に。

その事情を

「松本さんが台本を見て角田の名前を見つけた途端に収録は中止や!!
ということになった…」

と関係者から説明されたという。

角田は

「要するにあの時、
ボクがオファーを断ったことに未だご立腹だ、
というのです」

と1年前の「事件」がきっかけだと推察。

共演予定だった和田アキ子から

「あんた一体何があったん!?」

と心配の電話がかかってきたことなども明かした。

角田は

「あれからもう何年たったのでしょう…

かれこれ10年は経過しているのではないでしょうか!

ボクは未だに何故こんなふうにこじれてしまったのかを推理しています」

「ボクはこの事件、
おそらくこうであろうと推理します」

と記し、

「松ちゃんの提案にボクの出演を安請け負いして名乗り出た担当者がまさかのNGの回答に松ちゃんに対する自分の体面を保つ理由を作るには他人(角田)を悪者にするしかなかったのではないか?」

と推論を展開した。

そして

「このブログに書くことでこの真実が回り回って松ちゃんのもとに届くことを祈っています」

と、
角田が思う「事件」の経緯を書くことで松本に伝わってほしい、
という気持ちで訴えたことを記していた。

同紙が報じている通り、角田さんと松本さんの間に確執が生じた理由は「番組の出演オファーを断ったから」でした。

しかし、角田さんの告白が事実だとすれば、この確執は松本さんの”誤解”によるものだということが分かります。

角田さんが番組の出演オファーを断った理由は、当時、彼が抱えていた止む終えない事情があったからです。

それ以上に他意はなかった角田さんでしたが、結果的にこの時のオファー辞退が松本さんとの確執を生むことになってしまったのです。

ただ、当時、角田さんはオファーを辞退する理由を松本さんに直接伝えようとしていたと言います。

そこで、彼は松本さんの”側近的なベテラン芸人”にその旨を相談したのです。

しかし、そのベテラン芸人から「相談する必要はない」と言われた角田さんは松本さんに直に話すことはしなかったと言います。

このことについて2017年1月17日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

しかし後味の悪さから松本に直接会って経緯を説明しようと考えた角田。

その前に、
唯一連絡先を知っていた松本の“側近的”なベテラン芸人に相談すると

「松本さんはそんなことで気分害するような人と違いますよ 

また会うたら僕からも言うときますわ」

と言われたことに、
安心していたという。

角田さん本人は、この時に相談した”側近的なベテラン芸人”の正体を明かしていません。

そのため、このベテラン芸人が誰なのかは不明です。

しかし、この人物のアドバイスを聞き入れたがために、松本さんとの間に確執が生まれる結果となってしまいました。

角田さんが明かした松本さんとの確執については上述した通りです。

ただ、これらはあくまでも角田さん側の主張に過ぎません。

現在のところ、もうひとりの当事者である松本さんからは今回の確執・共演NG騒動に関するコメントはありません。

そのため、2人の確執・共演NG騒動の真相は不明です。

2人の関係については新しい情報が入り次第、随時追記させて頂きます。

角田信朗が業務停止処分を受けた理由

スポンサーリンク

冒頭でも触れた通り、角田信朗さんと松本人志さんの間に確執が生まれたのは「出演オファーを断ったこと」でした。

そして、その理由は当時の角田さんが抱えていた止む終えぬ事情によるものでした。

実は、当時の角田さんはK-1でのジャッジを巡り、世間から大きな批判を受けていたのです。

当時、彼のジャッジやレフェリングに対しては格闘技関係者から異論が噴出しており、K-1イベント側からも番組への出演を自粛するよう要請が来ていたと言います。

世間からの批判を受けた結果、彼には業務停止3ヶ月という処分が下されました。

こうした背景から、彼は出演オファーを辞退せざるを得なかったのです。

しかし、一体なぜ、角田さんは業務停止処分を受けたのでしょうか?

この理由について2009年11月14日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

K-1の角田信朗レフェリー(48)が、
3カ月のレフェリー業務停止処分を受けた。

(中略)

角田氏は10月26日の「K-1 WORLD MAX」(横浜アリーナ)での武田幸三-アルバート・クラウス(オランダ)戦で、
武田がダメージを負いながら試合を続けさせた。

大成氏は、
角田氏の判断が

「視聴者、
観客の判断したダメージとの間に大きな隔たりがあり、
混乱をきたした」

と説明。

3カ月の業務停止はレフェリーへの処分としてはK-1史上最長という。

武田-クラウス戦について、
FEGには

「もっと早く試合を止めるべき」

などの声が多数寄せられた。

大会直後の審判団のミーティングでも、
クラウスの攻撃で武田がよろけた際、
スリップとした判断が問題視され

「ダウンとすべきだった」

とする意見も出た。

角田氏は

「1歩離れ、
客観的に試合を見たい」

と、
自ら処分を下したという。

同紙が報じている通り、角田さんが業務停止処分を受けた理由は「世間一般と解釈が大きく乖離していたから」でした。

この一戦の詳細については角田さんのWikipediaから以下に引用させて頂きます。

2009年10月26日、
K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINALでの武田幸三 vs. アルバート・クラウス戦は武田の現役引退試合でもあった。

試合では1ラウンド2分25秒のクラウスのローキックで武田がダウンし、
テレビ解説の魔裟斗も「完全にダウンだ」と指摘したが、
角田はスリップと判定。

その後、
武田は1ラウンド終了直前と2ラウンド開始早々にダウンを奪われる。

そして2ラウンド1分過ぎにクラウスの軽いパンチをくらって武田が力なくへたりこむようにダウンした。

武田は立ち上がってファイティングポーズをとったものの、
白目を剥きながら足元がふらついている状態であったが、
角田は試合を続行させた。

(中略)

さらに、
武田が倒れるシーンも見られたがダウンを宣告せず武田に立ち上がるように促がした。

テレビ解説の魔裟斗と谷川貞治は何度も

「今のはダウンだ!」

「もう危険だからレフェリーストップすべき!」

と解説した。

その後、
角田が武田のドクターチェックを要求し、
ドクターストップで試合は終了した。

2009年kamipro Moveのコラムでも

「格闘技は命を落としかねない危険なものだから
安全面には細心の注意を払わなければならないし、
武田はまともに戦えていなかった。

なのに、
角田レフェリーがダウンをあえて見逃していたとしたら、
これは格闘技への、
というよりも人の命への冒涜だ。

もし単に

“ダウンには見えなかった”

というのであれば、
それも重大なミスだ。

どちらにしても、
角田のレフェリングを認めるわけにはいかないし、
クラウスvs武田戦を美談などにしてはいけない」

と評されている。

スポンサーリンク

 - 世間での評価やバッシング, 世間を震撼させた事件・事故, 明らかになった意外な経歴や過去, 格闘家, 気になるあの人の現在・過去, 芸能

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

【島田亨と離婚】理由は石井希和アナの不倫スキャンダル?フライデー画像あり

こんにちは。NALです! 今回は石井希和アナウンサーを取り上げます。 石井希和ア …

【彼氏と結婚】押切もえの旦那(涌井秀章)に女性問題!フライデーされたスキャンダルやホステスの名前は?

こんにちは。NALです! 今回は押切もえさんと涌井秀章さんを取り上げます。 ●押 …

【らぶたん卒業】HKT多田愛佳はなぜ選抜落ち?2016総選挙辞退理由は?

こんにちは。NALです! 今回は多田愛佳(おおた あいか)さんを取り上げます。 …

【ダルビッシュと浮気?】モデルMALIA.が歴代夫と離婚した理由!子供の名前,画像あり

こんにちは。NALです! 今回はMALIA.さんを取り上げます。 MALIA.さ …

【身長43cmの母】マリー・アンドリュースの子育てに涙!夫(ダン)と子供(マーク)が骨形成不完全症を支えた!

こんにちは。NALです! 今回はイギリスに暮らすひとりの女性、マリー・アンドリュ …

【アニメで誕生】獣神サンダーライガーがテレビ出演でマスクの素顔と本名暴露!『しくじり先生』では人望のなさを告白

こんにちは。NALです! 今回はプロレスラーの獣神サンダーライガーさんを取り上げ …

【愛車⇒廃車】ラジバンダリ西井隆詞の車種/画像!ダブルダッチ解散後に嫁と離婚!子供は?実は剣道三段

こんにちは。NALです! 今回はラジバンダリ西井隆詞(にしい りゅうじ)さんを取 …

【死因は?】ツチノコ芸人テント死去!結婚した嫁と離婚!子供は?人間パチンコ動画あり

こんにちは。NALです! 今回はお笑い芸人『テント』さんを取り上げます。 あなた …

【R.I.P.とR.I.P】正しいスペルはどっち?意味や読み方、使い方を解説!

こんにちは。NALです! 今回は『R.I.P.』を取り上げます。 一見すると、こ …

【偽Windows Update画面に注意】新型ランサムウェアの手口や被害!復元/駆除の対策は?

こんにちは。NALです! 今回は『新型ランサムウェア』を取り上げます。 一般のユ …