暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【死因】ギルバートベイカー死去!レインボーフラッグの意味と8色⇒6色に変更された理由!画像あり

      2017/06/02

こんにちは。NALです!

今回はギルバート・ベイカー(Gilbert Baker)氏を取り上げます。

あなたはギルバート・ベイカーという人物をご存知でしょうか?

ギルバート氏はこれまで美術家・公民権活動家として活動していました。

彼が手がけた作品の中で最も有名なものは1978年にデザインされた「レインボーフラッグ」ではないでしょうか?

6色に染め上げられたレイボーフラッグは性的少数者(LGBT)を象徴する存在となりました。

現在ではFacebookのプロフィールアイコンにも設定できるレインボーフラッグですが、その産みの親がギルバート・べイカーその人でした。

LGBTにとって大きな功労者であるギルバート氏ですが、ここに来て突然の訃報が舞い込んできました。

彼の死去について2017年4月1日に投稿されたTwitterアカウント「フロントフロウ&ゴシップス編集部」は次のように報じています。

LGBT+の象徴として七色のレインボーフラッグを考案したギルバート・ベイカー(Gilbert Baker)65歳が死去。

LGBT+に重要なシンボルを与えた彼への追悼と感謝の言葉が多く聞かれている。

同アカウントがツイートしている通り、ギルバート氏は65歳で死去されました。

ただ、この中では彼の詳しい死因については一切言及されていません。

一体、彼の死因は何だったのでしょうか?

今回の訃報を受けてネット上では以下のことが話題となっているようです。

(1)LGBT運動のギルバート・ベイカー氏が死去!死因はエイズだった

(2)ギルバート・ベイカーがレインボーフラッグに込めた意味!8色⇒6色に変更された理由

果たしてこれらの話題は真実なのでしょうか?

今回は2017年4月1日に訃報が報じられた美術家、ギルバート・ベイカー氏について調べてみました!

スポンサーリンク

LGBT運動のギルバート・ベイカー氏が死去!死因はエイズだった

冒頭で引用したツイートにより、65歳で死去されたことが明らかになったギルバート・ベイカー氏ですが、その死因は一体何だったのでしょうか?

65歳という年齢を考えれば、何かしらの病気を患っていたことも考えられます。

そこで、彼の死因について他紙を調査してみたものの、現在までに死因を報じている日本のメディアは確認できなかったのです。
(2017年4月1日12:01現在)

ただし、英語版のWikipediaではギルバート氏の死因が「エイズ」であると記述されていることが分かりました。

彼の死因について英語版のWikipediaでは次のように記されています。

Baker died of AIDS
on March 31, 2017,
at the age of 65,
in New York City.

この情報が事実だとすれば、ギルバート氏はエイズにより、2017年3月31日に死去されたようです。

ギルバート・ベイカーがレインボーフラッグに込めた意味!8色⇒6色に変更された理由

スポンサーリンク

今やLGBTを象徴するレインボーフラッグですが、その産みの親であるギルバート・ベイカー氏はそれにどんな想いを込めたのでしょうか?

日本人にとって「レインボー」と聞くと、誰もが7色を連想するのではないでしょうか?

しかし、現在、世界で普及しているレインボーフラッグは6色で構成されています。

6色の色にはそれぞれ意味が込められており、このことについてWEBサイト「ダディの国旗の世界」は次のように説明されています。

ベイカーは8色について、
ピンクはsexuality(性)、
赤はlife(人生)、
オレンジはhealing(癒し)、
黄色はsunlight(日光)、
緑はnature(自然)、
magic とart(奇術と芸術)、
紺色はserenityとharmony(平穏と調和)、
そして紫はspirit(精神)を表すと述べている。

(2012年10月16日投稿)

同サイトで説明されている通り、レインボーフラッグには6色それぞれに上記の意味が込められており、全体では「多様性」を表しています。

ちなみに、現在では6色に染め上げられているレインボーフラッグですが、オリジナルは8色だったことをご存知でしょうか?

当初は8色で染め上げられていたレインボーフラッグは”ある事情”により、現在の6色に落ち着くことになったのです。

その理由について2015年7月1日に配信された「with news」は次のように説明しています。

米最高裁が、
米国の全州で同性婚を認める判決を出したのに合わせ、
フェイスブックのアイコンを虹色に変える人が増えています。

これは性的少数者(LGBT)の権利を求める象徴「レインボーフラッグ」にちなんでいます。

虹といえば7色ですが、
実は旗の色は6色。

1978年に旗が誕生した時は8色でした。

(中略)

●旗、足りなくなり6色に

現在は6色の「レインボーフラッグ」ですが、
生まれた当初は8色でした。

一番上に「性」を意味するピンク。

ターコイズもありました。

最初の1枚は、
仲間と集まって自然の染料で一色ずつ染め、
手で縫い上げました。

ところが、
LGBTの運動が広がったことで、
大量の旗が必要になる事態に。

技術的な問題から8色の旗をプリントしてくれるところがなかったため、
6色に落ち着きました。

同サイトが説明している通り、レインボーフラッグの色が8色から6色に変更されたのは、LGBTの運動規模が拡大されたことが理由だったのです。

スポンサーリンク

 - あなたを襲うかもしれない病気, 偉大な功績を残した偉人や学者, 気になるあの人の現在・過去, 芸能

Comment

  1. サイナイ より:

    今の年の数引く明日以降に過ぎる予定の誕生日を過ぎた後の年齢の数の引き算で判明しましたが、
    ギルバート・ベイカーはなんと、
    1951年度生まれだったそうです。

  2. 加藤侑 より:

    本当にみんなに会えてよかったです

    とっても嬉しいです

    ありがとうございます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

【死因:心臓発作】被爆者,据石和江さんが死去!結婚や家族(旦那,子供),経歴!画像あり

こんにちは。NALです! 今回は据石和江(すえいし かずえ)さんを取り上げます。 …

【熱愛彼氏?】地下アイドル佐々木来夢のWikiプロフィール/中学/高校!キンコメ高橋事件をTwitterで報告!※画像あり

こんにちは。NALです! 今回は佐々木来夢(ささき らいむ)さんを取り上げます。 …

【安倍昭恵と蜜月】龍村ゆかりとは何者?経歴や年齢は?夫(仁)との間に子供あり

こんにちは。NALです! 今回は龍村ゆかり(たつむら ゆかり)氏を取り上げます。 …

【被害届】大食い,門楼まりりんの元彼氏は松田陸と塩谷瞬?ガリガリガリクソン逮捕で注目

こんにちは。NALです! 今回は門楼まりりん(もうろう まりりん)さんを取り上げ …

【死因】東武動物公園のグレープ君死去!恋をした相手はフルル?結婚して家族(嫁,子供)ありだがNTRの過去

こんにちは。NALです! 今回は『グレープ君』を取り上げます。 グレープ君といえ …

【子供(娘)あり】”翼の王国”画家死去!堀越千秋の家族!Wikiプロフィール,画像あり

こんにちは。NALです! 今回は堀越千秋氏を取り上げます。 あなたは堀越千秋とい …

【清水宏保の現在】再婚相手は苫小牧の看護師?嫁との馴れ初めや画像は?

こんにちは。NALです! 今回は清水宏保(しみず ひろやす)さんを取り上げます。 …

【キムヨンエ死去】死因は病気(すい臓がん)?激やせ画像,Wikiプロフィールあり

こんにちは。NALです! 今回はキム・ヨンエさんを取り上げます。 あなたはキム・ …

【ボストンマラソンで義足】ヒュー・ハーのバイオニクス義肢でエイドリアンに奇跡!現在もダンサー

こんにちは。NALです! 今回はエイドリアン・ハスレット・デイビスさんを取り上げ …

【馴れ初め=舞台】村田充が神田沙也加と結婚!炎上理由は匂わせ!降板の真相はやる気ないから?

こんにちは。NALです! 今回は村田充(むらた みつ)さんを取り上げます。 あな …