暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【おでん研究家逮捕】新井由己の経歴や結婚,家族(嫁,子供)!ポリアモリーとは?顔画像あり

   

こんにちは。NALです!

今回は新井由己(あらい よしみ)さんを取り上げます。

あなたは新井由己という人物をご存知でしょうか?

2017年4月現在、彼はフリーライターおよび食文化研究家として活動しています。

メディアでは「おでん研究家」という肩書きで紹介されることが多く、彼を知る人間の間では”おでんの専門家”として認知されています。

これまでおでんに関する書籍を多数出版してきた彼ですが、ここに来て世間から大きな関心を集める事態となっています。

というのも、新井さんは2017年4月16日に人身事○を起こした容疑で逮捕されていたのです。

今回の逮捕によってネット上では以下のことが話題となっているようです。

(1)おでん研究家逮捕!新井由己の経歴

(2)新井由己の結婚や家族(嫁,子供)は?ポリアモリーという生き方

果たしてこれらの話題は真実なのでしょうか?

今回は2017年4月17日に逮捕された「おでん研究家」こと新井由己さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

おでん研究家逮捕!新井由己の経歴

冒頭でも触れた通り、新井由己さんは主にフリーライターおよび食材研究家として活動しています。

一部のメディアでは”おでん研究家”として取り上げられたことにより、世間ではおでんの専門家として認知されている新井さんですが、その認識に違うことなく、彼はこれまでにおでん関係の本を多数出版しています。

おでんに関する著作の一部がこちらです。

●『とことんおでん紀行』
(1999年)

●『とことん亭のおいしいおでん』
(2002年)

●『だもんで静岡おでん』
(2002年)

●『とことんおでん紀行』
(2002年

●『日本全国おでん物語』
(2004年)

※Wikipediaより引用

上記以外にも数々の著作を出版している新井さんですが、そもそも彼はどんな人物なのでしょうか?

そこで、彼の経歴について調査してみると、Wikipediaには以下の記述が確認されたのです。

1991年から、
アウトドア雑誌などに執筆を開始。

田舎暮らしの資金稼ぎのため、
1993年から2年間、
都内でタクシー運転手をする。

1997年、
「芝居小屋から飛び出した人形師」で「週刊金曜日ルポルタージュ大賞」の佳作入選を果たし、
その直後、
新聞配達用のホンダの原付バイク(プレスカブ)で、
日本を縦断、
おでんの食べ歩きをして、
1999年凱風社から『とことんおでん紀行』を初出版。

その後、
おでんを皮切りに、
ハンバーガー、
カレーなど食をめぐる比較食べ歩きルポルタージュの仕事を積み重ねてきた。

また食の原点としての農業実践にも関心を示し、
新潟県松之山町に移住して、
みずから農業にも取り組んでいる。

2004年には、
新潟を離れ、
山梨県韮崎市に移住した。

現在は山梨県富士河口湖町に拠点を移している。

この中で記されている通り、彼の「おでん研究家」としての人生は1997年からスタートしました。

また、食材への高い関心が高じて彼の興味は食物の原点である農業にも寄せられていたようです。

新井由己の結婚や家族(嫁,子供)は?ポリアモリーという生き方

スポンサーリンク

前項では新井由己さんの経歴について取り上げましたが、私生活では結婚しているのでしょうか?

そこで、彼の結婚歴について調査したところ、現在までに3回の結婚と離婚を経験していることが分かったのです。

つまり、彼には少なくとも3人の奥さんがいたことになります。

このことについてWEBサイト「note」では次のように掲載されています。

最初に女性と暮らし始めたのは26歳のころでした。

2人でいる幸せを感じながら、
自由が少なくなったことに気づきました。

どこかへ出かけたり、
好きな音楽を聞くにしても、
まず相手の気持ちを考えてしまい、
自分だけの時間は持てなくなりました。

彼女に

「好きなことをしてもいいよ」

と言われても、
わずかな差で2人でいるほうを選んでしまい、
愛せば愛すほど自分で自分を縛っているような気がしたのです。

その後、
3度の結婚・離婚を経験して、
自分にとっていちばん苦しいことは、
「束縛」されたり「嫉妬」されることだとわかりました。

どういうわけか、
僕はたくさんの人の役に立ちたいという気持ちが強く、
パソコン通信(ニフティ)時代から、
多くの人の質問に丁寧に答えてきました。

一般的には身近な人をいちばん大事にするのかもしれませんが、
身近な人も遠くの人も、
同性でも異性でも、
同じように親切に(大事に)したいと思うのです。

(2017年1月2日掲載)

この中で述べられている通り、新井さんにとって最も苦痛なことは「束縛」と「嫉妬」でした。

「恋人を大切にしたい」という気持ちが先行し過ぎるあまり、自身の自由が奪われていたことに新井さんは悩まされていたのです。

しかし、やがてこの悩みは跡形もなく消え去ることになります。

それが、「ポリアモリー」という生き方との出会いです。

一体、このポリアモリーとはどんな生き方なのでしょうか?

ポリアモリーについて新井さんは次のように綴っています。

最近になって「ポリアモリー」(複数愛)という考え方があるのを知りました。

「ポリアモリー(polyamory)」とは、
ギリシア語の「複数(poly)」とラテン語の「愛(amor)」に由来する、
アメリカで造られた造語です。

ポリアモリーとは、
「浮気」や「不倫」とは根本的に違う愛のカタチだと言います。

恋人や伴侶に嘘をついたり、
隠すのはポリアモリーではありません。

自分の交際状況をオープンにし、
合意の上で築く人間関係です。

(中略)

なので、
好きな人の幸せを願うなら、
僕に依存することなく、
相手にも自由に暮らしてほしいと思います。

僕以外の好きな人ができたら
その人と楽しく過ごしてほしいし、
僕に会えないことで苦しんでほしくないのです。

もちろん、
相手や周囲にそれを強要しようとか、
無理に理解してもらおうとは思いません。

好きな人には「好き」と言い、
自分が「ポリアモリー」であることを伝えます。

そのうえで、
素敵な関係になれたら、
きっと今まで以上に自分らしく生きられるような気がしています。

ちなみに現在、
付き合っている人がひとり、
好きな人でまだ告白していない人が3人います。

付き合っている人は「ポリアモリー」で、
僕の恋愛を楽しく見守ってくれています。

この中で明らかにされている通り、ポリアモリーとは「複数の相手を同時に愛すること」を指す言葉だったのです。

このポリアモリーという生き方と出会ったことで新井さんは「束縛」と「嫉妬」から開放された人生をスタートさせました。

本人が告白しているように、彼には交際している彼女がいます。

ただ、彼女以外にもまだ好意を寄せている人物がいるとのこと。

ポリアモリーという生き方と出会い、これまでとは全く新しい人生をスタートさせた新井さんですが、彼の子供については情報が公表されていませんでした。

スポンサーリンク

 - あの人の子供や家族, 世間を震撼させた事件・事故, 作家, 明らかになった意外な経歴や過去, 気になるあの人の現在・過去, 芸能

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

【嫁の名前,顔画像は?】ソフトバンク山田大樹投手が彼女と結婚!馴れ初めや出会いは?

こんにちは。NALです! 今回は山田大樹(やまだ ひろき)選手を取り上げます。 …

【副校長は誰?名前特定?】朱雀高校(京都府)はヤンキー校?妊婦に体育要求で批判殺到!顔画像は?

こんにちは。NALです! 今回は『朱雀高校』を取り上げます。 現在、ネット上では …

【出演者は誰】絶対に笑ってはいけない科学博士24時のロケ地はどこ?東,入間中学校?目撃画像あり

こんにちは。NALです! 今回は『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』を取り …

【安倍昭恵と蜜月】龍村ゆかりとは何者?経歴や年齢は?夫(仁)との間に子供あり

こんにちは。NALです! 今回は龍村ゆかり(たつむら ゆかり)氏を取り上げます。 …

【同姓同名注意】高橋ひかるの体重・出身中学校・経歴を暴く!

こんにちは。NALです! 今回はモデルの高橋ひかるさんを取り上げます。 高橋ひか …

【死因:病気?】雨宮まみ死去!出身大学はどこ?結婚や旦那は?画像あり

こんにちは。NALです! 今回は雨宮まみさんを取り上げます。 雨宮まみさんといえ …

【子供,旦那の名前】声優,恒松あゆみは加古川東高校出身?結婚式画像あり

こんにちは。NALです! 今回は恒松あゆみさんを取り上げます。 あなたは恒松あゆ …

【卒業理由】元asfi椎名香奈江の彼氏や高校,大学は?Wikiプロフィール,画像あり

こんにちは。NALです! 今回は椎名香奈江さんを取り上げます。 あなたは椎名香奈 …

【結婚報道の真相】福山雅治と小西真奈美の接点!週刊誌がフライデーした”名古屋の彼女”は誰?

こんにちは。NALです! 今回はミュージシャンの福山雅治さんを取り上げます。 福 …

【グラビアは売名?】岡田みはる号泣の理由(真相)!現在やWikiプロフィール

こんにちは。NALです! 今回は岡田みはるさんを取り上げます。 岡田みはるさんと …