暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【恋のから騒ぎ出身】中村愛が彼氏と結婚!旦那の名前,画像は?手ックスの意味&やり方とは?

      2017/07/23

こんにちは。NALです!

今回は中村愛(なかむら あい)さんを取り上げます。

あなたは中村愛という人物をご存知でしょうか?

2017年7月現在、彼女はマルチタレントとして活動しています。

彼女が正式に芸能界デビューを果たしたのは2010年の時。

デビュー当時、24歳だった彼女は地元の名古屋から上京し、「浅井企画」に所属することになりました。

当初は”浅井企画のリーサルウェポン”と呼ばれていた中村さんでしたが、自身の私生活を赤裸々に暴露するキャラクターが受けたことをきっかけに”ゲスいアイドル”(通称、ゲスドル)としてのキャラクターを確立。

現在においてもゲスさを武器にマルチに活動している彼女ですが、ここに来て大きな注目が集まる事態となっています。

ことの発端は「ORICON NEWS」の記事でした。

というのも、同紙の中で彼女の結婚が報じられたからです。

このことについて2017年7月9日に配信された同紙は次のように報じています。

タレントの中村愛(31)が9日、
自身のブログを更新。

かねてより交際していた一般男性と7月6日に結婚したことを報告した。

同日にフリーアナウンサーでタレントの吉田照美(66)とともに出演するbayfm『TERUMI de SUNDAY!』の放送を終えた中村は

「ということで、
ラジオを聞いてくれた方はご存知だと思いますが…

中村愛、
以前からお付き合いさせて頂いている男性と2017年7月6日に入籍させて頂きました」

と報告。

「いつも応援してくれている皆さん、
関係者のみなさん、
ホントびっくりさせてしまってすみません」

と詫びた。

お相手については

「元々私のテレビやYouTubeを見ていた彼が、
twitterを通して連絡をくれ、
友人を介して出会いました」

と紹介。

その後

「LINEとWeChatのやり取りをし、
仲良くなり、
今回の結婚では、
結婚式はせず、
Instagramで大人気のフォトウェディングをさせてもらいました」

とつづった。

「SNS婚とでも言うんでしょうか? 

この時代に生きていて、
心から良かったです。笑」

と喜びを記し

「まだ実感ないですが、
今日という日を迎える事が出来たのも皆さんのおかげです。

心から感謝してます。

今後ともよろしくお願いします」

と呼びかけている。

同紙が報じている通り、中村さんの結婚相手は一般人の男性でした。

本人が明かしたところによると、2人はTwitterを通じて連絡を取り合うようになり、知人を介して面識を持ったようです。

ただ、同紙の中では結婚相手の素性については一切言及されていません。

一体、中村さんの旦那さんはどんな人物なのでしょうか?

今回の結婚報道を受けてネット上では以下のことが話題となっているようです。

(1)ゲスドル中村愛が彼氏と結婚!旦那の名前や画像は?

(2)中村愛は恋のから騒ぎ出身!手ックスの意味&やり方について

果たしてこれらの話題は真実なのでしょうか?

今回は2017年7月6日に一般人の男性と結婚したゲスドル、中村愛さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

ゲスドル中村愛が彼氏と結婚!旦那の名前や画像は?

今回の結婚報道で大きな注目を集めている中村愛さんですが、そのお相手は一般人の男性でした。

ただ、冒頭で引用したORICON NEWSでは結婚相手の素性については一切言及されていませんでした。

そこで、中村さん本人のブログを調査してみたものの、現在までに旦那さんの素性は公表されていないことが分かったのです。
(2017年7月9日12:09現在)

そのため、旦那さんの名前や顔写真はおろか、年齢や職業さえも不明です。

彼女の結婚相手については新しい情報が入り次第、随時追記させて頂きます。

中村愛は恋のから騒ぎ出身!手ックスの意味&やり方について

スポンサーリンク

自身の私生活を赤裸々に暴露するゲスドルとしてバラエティ番組に出演する機会が多い中村さんですが、そもそも彼女はどんな人物なのでしょうか?

今回の結婚発表で知名度を上げたとは言え、世間一般的に彼女の存在は有名ではありません。

そこで、彼女の素性について調べてみたところ、過去に「恋のから騒ぎ」に出演していたことが判明したのです。

当時の画像がこちらです。

中村さんが恋のから騒ぎに出演していたのは2001年4月~2002年3月までの間。

“恋から8期生”として同番組に出演して彼女の同期には、元TBSアナウンサーの小林麻耶さんがいらっしゃいます。

恋から出演当時、中村さんは18歳。

会社受付嬢という肩書きで出演していた中村さんですが、その出演回数は19回。
※「恋のから騒ぎ 歴代データ」参照

そのため、当時の放送をリアルタイムで見ていた人間でない限り、彼女の存在を知る人間はほとんどいないでしょう。

ただ、恋から卒業後の彼女は素人ながらも週1程度でタレント活動を行っていたようです。

このことについて2015年4月6日に配信された「日刊ゲンダイ」は次のように報じています。
(※一部改変)

明石家さんまさんの「恋のから騒ぎ」に出た後は、
地元の名古屋でOLやって一人暮らししてました。

でも、
タレントの仕事がやりたくて、
週に1度くらい東京に通ってタレント業をやっていた。

その時期は貧乏になるのが怖くて、
新幹線じゃなく2900円くらいの深夜バスで行き、
横浜の親友の部屋にタダで泊めてもらってた。

親友は結婚してたから、
旦那さんにはフロあがりのは〇かも見られてました。

でも私は全然、
平気(笑い)。

同紙が報じている通り、彼女が芸能界に憧れを抱くようになったのは恋のから騒ぎへの出演が大きく影響していたようです。

上記の経緯で芸能界に足を踏み入れた中村ですが、現在では彼女を語る上で避けては通れないキーワードがあります。

それが「手ックス」と呼ばれるものです。

この手ックスとは、主に合コンなどで男性を落とす場合に用いるテクニックとされています。

このテクニックを開発した中村さんは手ックスの意味とやり方について次のように解説しています。

突然ですが、
アナタは「手ックス」をご存知だろうか!?

※手ックスとは…
手と手を絡ませてエッ〇な気分にさせる技。

発案者は、私! 
中村愛で~す☆

1・まずは普通に手を繋ぐ

2・触れるか触れないか程度の
優しめのフェザータッチで、
相手の[手の平]を触る

3・同上で[手の甲]を触る

4・1本の指にターゲットを絞り、
その指を包むように擦る

5・相手の指と指の間を、
自分の人差し指の爪のみでわさわさする

6・最後は相手の手、
全体を包み込むように
 
 強めに撫でる、
撫でる、
撫でまくる

なんだコレ!!笑

自分でやり方を書いておいて言うことじゃないけど…
何のトリセツだ!!笑

※「しらべぇ」より引用
(2016年7月1日投稿)

スポンサーリンク

 - あの人の子供や家族, 世間を騒がせた結婚・離婚報道, 女性タレント, 明らかになった意外な経歴や過去, 気になるあの人の現在・過去, 芸能

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

【妻夫木夫妻】妻夫木聡が彼女と結婚!嫁マイコ(ハーフ女優)の本名/Wikiプロフィール!※画像あり

こんにちは。NALです! 今回はマイコさんを取り上げます。 2016年8月現在、 …

【結婚相手は誰?】女優,森由佳が妊娠!旦那の名前や画像は?Wikiプロフィールあり

こんにちは。NALです! 今回は森由佳さんを取り上げます。 あなたは森由佳という …

【ラグビー殿堂入り】大畑大介の嫁の名前,画像!実家は城東区のパン屋!平尾誠二と不仲?

こんにちは。NALです! 今回は大畑大介さんを取り上げます。 大畑大介さんといえ …

【天王寺の切り込み隊長】元ヤン、ゆしんが口説かれた!『今夜くらべてみました』で暴露されたドラマ俳優は誰?

こんにちは。NALです! 今回はオネエ界の風雲児、ゆしんさんを取り上げます。 ゆ …

【自転車レース替え玉】優勝者は誰?埼玉サイクルビート代表の名前/顔画像は?

こんにちは。NALです! 今回は『自転車レース替え玉優勝』問題を取り上げます。 …

【高山一実に熱愛彼氏?】スキャンダルへの言い訳とは?亡くなった弟の死因公表は?

こんにちは。NALです! 今回は高山一実さんを取り上げます。 高山一実さんといえ …

【現在は演歌歌手】アイドル興味ない!前田有紀(ハロプロ)が結婚した旦那は誰?※画像あり

こんにちは。NALです! 今回は前田有紀さんを取り上げます。 前田有紀と聞くと、 …

【病気で死去】元民主党,五島正規のWiki/経歴!子供や家族は?画像あり

こんにちは。NALです! 今回は五島正規(ごとう まさのり)さんを取り上げます。 …

【教科書に採用】谷川俊太郎の代表作『生きる』がいのちを問う!Tシャツの数字(35)の意味とは?

こんにちは。NALです! 今回は詩人の谷川俊太郎さんを取り上げます。 谷川俊太郎 …

【満島ひかりの弟】満島真之介が『徹子の部屋』で姉と共演!父(恵作)は交通○故を起こしていた

こんにちは。NALです! 今回は俳優の満島真之介さんを取り上げます。 満島真之介 …