暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【小学校特定?】鈴木るりかのプロフィール/作品経歴!親の名前/顔画像や中学校はどこ?

      2016/06/22

こんにちは。NALです!

今回は鈴木るりかさんを取り上げます。

鈴木るりか2

あなたは鈴木るりかさんをご存知でしょうか?

恐らく、初めてその名前を聞くという方がほとんどではないでしょうか?

しかし、目下、「鈴木るりか」という名前がネット上を席巻する事態となっているのです。

ことの発端は「朝日新聞デジタル」の記事でした。

このことについて2016年6月6日に配信された同紙は次のように報じています。

「鳥肌が立つような才能」

「大人にも負けない力がある」。

小学生対象の「12歳の文学賞」(小学館主催)で、
審査員の作家あさのあつこさんらに絶賛された。

小4から3年連続で大賞受賞。

有終の美を飾って賞を“卒業”し、
今春、
東京都内の中学校に進んだ。

元々小説好きで、
図書館に通い詰めている。

同紙が報じている通り、鈴木るりかさんは小学生でありながら、3年連続で「12歳の文学賞」を受賞するほどの文才の持ち主だったのです。

2016年6月現在、中学1年生である鈴木さんですが、今回の一報を受けてネット上では以下のことが話題となっているようです。

(1)鈴木るりかのプロフィールや作品経歴は?

(2)小学校や中学校はどこなのか

(3)親の名前や顔画像は?

果たしてこれらの話題は真実なのでしょうか?

今回は3年連続で「12歳の文学賞」を受賞したことで話題騒然となっている天才小説家、鈴木るりかさんについて調べてみました!

スポンサーリンク

鈴木るりかのプロフィールや作品経歴は?

3年連続で「12歳の文学賞」を受賞したことで話題となっている鈴木るりかさんですが、朝日新聞デジタルでは詳しい素性やプロフィールなどは公表されていませんでした。

果たして鈴木るりかさんとはどのような人物なのでしょうか?

そこで鈴木さんのプロフィールについて調査したものの、現時点ではどのメディアも彼女の素性を明らかにしていませんでした。

いくら”天才小説家”と評されている彼女といえど、現在は中学生の身。

こうした事実がプロフィールの公開を遠ざけているのかもしれません。

ただ、彼女の手がけた作品の経歴については公表されていました。

現時点で判明している作品リストがこちらです。

【2014年】
●Dランドは遠い
●餅はどこへ消えた?

【2015年】
●マイワールド

【2016年】
●いつかどこかで

上記作品群の中で「Dランドは遠い」についてはあらすじが公開されていました。

「Dランドは遠い」の内容がこちらです。

『Dランドは遠い』は短編ながら、
テーマパークに卒業前に親友と遊びに行きたいが、
お金がない少女の気持ちを、
湿っぽくならずに描ききった秀作です。

鈴木るりかさんのプロフィールや作品経歴については新しい情報が入り次第、随時追記させて頂きます。

小学校や中学校はどこなのか

スポンサーリンク

2016年6月現在、中学1年生である鈴木るりかさんですが、一体どこの中学校に通っているのでしょうか?

冒頭で引用した朝日新聞デジタルの報道では学歴に関する記述は一切ありませんでした。

そこで鈴木さんの通う中学校について調査したみたものの、具体的な校名は公表していないようです。

恐らく、学業に支障をきたさないためにあえて学校名を伏せているのでしょう。

ただし、小学校についてはある可能性が指摘されています。

その小学校とは「北区立王子小学校」です。

というのも、「鈴木るりか」と「小学校」で検索すると同校がヒットするためです。

このキーワードでヒットしたページは「平成25年 ごみ減量・リサイクル意識向上のためのポスター入選作品一覧」。

このページ内を調査すると、「優秀小作品」に彼女の名前が明記されているのです。

鈴木るりか

ただ、この情報だけでは同姓同名の別人という可能性も考えられます。

鈴木さんの小学校および中学校については新しい情報は入り次第、随時追記させて頂きます。

親の名前や顔画像は?

「12歳の文学賞」受賞で一躍世間の注目を集めている鈴木さんですが、彼女の両親についても注目が集まっているようです。

しかし、彼女の両親について調査しても何ら手がかりは掴めませんでした。

そのため、両親の名前や顔画像、職業なども不明です

今後、彼女への注目が高まれば両親がメディアに登場するかもしれません。

スポンサーリンク

 - あの人の子供や家族, 世間での評価やバッシング, 偉大な功績を残した偉人や学者, 気になるあの人の現在・過去

Comment

  1. 今朝の朝日新聞「ひと」欄にはびっくり仰天。

    末恐ろしい神童出現。

    おそらく未来の紫式部。

    それまで生きて見届けたいものだ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事