暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【作品パクリ問題】神戸アニメストリートの目玉ロゴは「似てない」と村上隆に批判殺到!

   

こんにちは。NALです!

今回は現代美術家の村上隆さんを取り上げます。

村上隆

村上隆さんといえば、『神戸アニメストリート』が使用する目玉ロゴを巡り、著作権侵害の訴えを起こしていることで話題となっていますね!

このことについて2015年12月8日に配信された『神戸新聞』では次のように報じています。

今年3月、神戸市長田区にオープンした「神戸アニメストリート」の目玉形ロゴをめぐり、

世界的な現代芸術家村上隆さんが「村上作品と誤認される恐れがある」と使用中止を求めていたことが分かった。

同ストリート側は「盗用ではない」と主張する一方、もともとロゴ変更の予定があったことなどから、来年3月末で使用をやめる。

村上さんの代理人によれば、この問題が発覚したのは2015年7月頃のこと。
なんでもネット上で双方のロゴが酷似していると噂が広まったことを受けて、彼がストリート側に事実確認の連絡を入れたそうです。

その後、両者が協議した末に2016年3月をもって現在のロゴの使用を中止する結論に達したと言います。

今回の一件を受けて村上さんの代理人は同紙の取材に対して次のように語っています。

「著作権侵害に当たる。

村上作品を知らないで今回のロゴが出来上がるのはあり得ない」

しかし、類似点を指摘されたストリート側は「村上作品のまねではない」と主張し、著作権侵害については真っ向から否定しています。

そもそもこのロゴはNPO法人『KOBE鉄人プロジェクト』のデザイナーに委託したものであり、ストリート側のデザインではありませんでした。

ただ、ストリート側は2016年3月でオープン1周年を迎えることもあり、当初から現在のロゴは変更予定だったと明かしています。

ストリート側は今回のロゴ中止について「裁判に発展することは避けたかった」とコメント。
これにより、今回の騒動は一応の決着を見たというわけです。

しかし、この騒動を受けて世間では村上さんへの批判が殺到する事態となっているのです。

果たして彼が批判される理由とは一体・・・

今回は目玉ロゴのパクリ問題で世間から批判を受ける村上隆さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

神戸アニメストリートの目玉と村上隆の作品は「似てない」!ネットでは批判殺到

今回の一件で世間から大いに注目を集めた村上さんですが、実はそれと同時に批判の声が殺到する事態となりました。

冒頭でもご紹介した通り、著作権を侵害されたと訴えたのは村上さん側です。
一体なぜ著作権を侵害された、いわば被害者である彼に批判が集中する事態となったのでしょうか?

それは彼が「酷似している」と指摘した作品にありました。

その作品がこちらです。

パクリ

左のロゴが神戸アニメストリートのもの。
そして右側が「酷似している」として訴えを起こした村上さんの作品です。

どちらに与することなく完全に中立の立場で双方のロゴを見た時、果たして両者のロゴは「似ている」と言えるのでしょうか?

これは私見になりますが、両者のロゴは「酷似」どころか全くの「別物」とさえ思えます。

彼が批判される理由がまさにここにあります。
つまり、これと似た感想を持った人間が大多数を占めていたため、ネット上では彼の主張を「言いがかりだ」と糾弾する声が相次いでいるのです。

確かに目玉のロゴは彼の作品群では多く見受けられます。
それはもはや彼の作品を象徴する”アイコン”と言ってもいいでしょう。

ただ、それはあくまで「彼の作品には多くの目玉ロゴが使用されている」というだけで目玉ロゴは決して彼の所有物ではありません。

今回の一件も彼が主張するように双方のロゴが「酷似している」ものであれば、弁明の余地もあるでしょう。

しかし、Twitterを中心に彼への批判が殺到している事態を鑑みれば、双方のロゴは「似ていない」とする見方が大多数を占めていることは容易に想像できます。

今回はストリート側が騒動を懸念して折れたため、大事にはならなかったたものの同社の出方次第では裁判沙汰にまで発展する恐れがありました。

ところが、彼の過去を探ると今回のケースと全く同様の問題を起こしていたことが分かりました。

村上隆は過去にもパクリ疑惑を訴えていた!『DOB君』vs『マウスくん』

スポンサーリンク

神戸アニメストリートが使用する目玉ロゴを巡って一触即発の事態にまで発展した今回のパクリ騒動ですが、実はこれと全く同じ問題を引き起こしていました。

それは2004年7月のこと。

当時、彼は著作権を侵害されたとして子供服メーカーの『ナルミヤ・インターナショナル』を提訴しているのです。

ことの経緯は彼が手がけたキャラクター『DOB君』とナルミヤ・インターナショナルのキャラクター『マウスくん』が「似ている」ことから始まりました。

両者の画像がこちらです。

〈DOB君〉

DOB君

〈マウスくん〉

マウスくん

彼の訴えによって問題は法廷の場で争われることになりました。
そして2006年4月に両者の和解が成立したことで問題は解決されました。

当時の状況について『時事通信』は次のように報じています。

子供服メーカー「ナルミヤ・インターナショナル」(東京都港区)のキャラクターをめぐり、

現代美術家の村上隆さん(44)が著作権を侵害されたとして、

同社を相手に損害賠償などを求めた訴訟は24日、同社が約4000万円の和解金を支払うことで、東京地裁で和解が成立した。

なんと彼は訴訟を起こしただけでなく、和解金として約4000万円もの大金を手にしているのです。

この時も今回のケースと同じように世間からは「言いがかりだ」という声が殺到しています。
世間の目には、彼が「言いがかり」によって大金を手にしたように映ったに違いありません。

先ほどのケースと同じく、今回も公平な目で見た時、果たして両者は「似ている」と言えるのでしょうか?

もし、双方のキャラクターが「似ている」とすれば、彼のキャラクター事体もミッキーマウスに「似ている」ことにはならないでしょうか?

実は当時からこれと全く同じ批判が展開されていました。

作家である東 浩紀氏は『村上隆と知的財産権』と題したブログの中で次のように語っています。
(2006年4月25日付け)

東浩紀

しかし他方で、彼のDOB君もまた、ドラえもんやミッキーマウスのハイブリッドなパロディであり、

アンディ・ウォーホルの有名な「キャンベルスープ缶」の延長線上にある美術作品ではなかったでしょうか。

そして、DOB君に限ったことではなく、そのような価値転倒があったからこそ、

村上氏の(少なくとも一時期の)作品のデザインそのものが既存のアニメやフィギュアにどれほど似ていたとしても、

それには独自の、つまり「作品」としての値段がついていたのではないでしょうか。

つまり、彼自身もパクリ元があるにも関わらず、その事実を棚に上げて自身の著作権保護を声高に叫ぶのは矛盾していると指摘されているのです。

創作活動に身を置く者として自身の分身とも言える作品が無断で盗用されることは死活問題と言えます。
しかし、彼の場合は自身の作品に対する過保護が原因で他者の作品を阻害してしまっているのです。

同じアーティストであるならば、それがどんなに息苦しいかは彼自身が身をもって経験しているはずです。

今日、彼への批判が絶えないのはこうした独善的な姿勢が垣間見えるからかもしれません。

スポンサーリンク

 - 世間での評価やバッシング, 政治・社会問題, 明らかになった意外な経歴や過去, 芸能

Comment

  1. 能見 より:

    一定の文脈に生成された「あるある」を芸術において「meme(ミーム)」といいます。
    彼の作品に登場するキャラクターが三白眼であることや、ディフォルメの仕方を見ても
    完全に日本のアニメや漫画のミームを踏襲していることは間違いありません。
    「神戸アニメストリート」のアイコンが似ているのは当たり前と言えば当たり前です。
    同じ影響元からの要点を集約し、どちらの作品も日本のアニメや漫画のミームを踏襲しているからです。

    森美術館で展示している五百羅漢図についても、そのうち日本の古美術を総括する展示のロゴ等に対して訴えを起こす為の布石なんじゃないでしょうか。
    一番の問題は彼のような人間が社会で評価されていることです。引きずり降ろしましょう。

    • NAL より:

      ≫能見さん
      貴重なコメントありがとうございます!

      芸術における「あるある」を「ミーム」と呼ぶのですね(^-^)

      芸術の分野に限らず、同じ業界内の「あるある」を共有することは多々ありますよね。

      他人の作品をそのままトレースすることは御法度ですが、自分なりのオリジナリティを付加するのがアーティストだと思います。

      能見さんがおっしゃる通り、同じ影響元からの要点を集約している以上、両者の作風が似通ってしまうことはある意味仕方のないことですよね。

      ただ、彼も先人の「あるある」から着想を得ているにも関わらず、あたかも自分が先人かのように振舞うのはいかがなものかと(^^;

      今後もひと波乱ありそうですね・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

【タイムマシーン3号】ゲス山本がロンハーで彼女泣かす!関と結婚した彼女とは?※画像あり

こんにちは。NALです! 今回はお笑いコンビ『タイムマシーン3号』を取り上げます …

【しあつ野郎逮捕?】診療報酬詐欺容疑の美人女医Xは誰?脇坂英理子で確定か

こんにちは。NALです! 今回は2015年11月6日に発覚した診療報酬詐欺事件を …

【教科書に採用】谷川俊太郎の代表作『生きる』がいのちを問う!Tシャツの数字(35)の意味とは?

こんにちは。NALです! 今回は詩人の谷川俊太郎さんを取り上げます。 谷川俊太郎 …

【館山で豪邸暮らし】前田悦智子の夫は資産家!女子バレーボール時代の活躍に注目!

こんにちは。NALです! 今回は女子バレーボール選手、前田悦智子さんを取り上げま …

【ブラピ浮気?】アンジェリーナジョリーの離婚理由はマリオンコティヤール?馴れ初め話/画像あり

こんにちは。NALです! 今回はアンジェリーナ・ジョリーさんを取り上げます。 ア …

【オウムを支援?】山口敏夫元労相が東京都知事選出馬!収監された過去!※写真あり

こんにちは。NALです! 今回は山口敏夫氏を取り上げます。 山口敏夫氏といえば、 …

【袴田吉彦に続き】売名グラビアアイドルが不倫!俳優Sは誰?名前の2ch特定は?

こんにちは。NALです! 今回は『俳優S』を取り上げます。 2017年1月19日 …

【大吉絶賛】Fカップアイドル、ぱいぱいでか美は津高校?バンド『もんとs』の経歴について

こんにちは。NALです! 今回はタレントのぱいぱいでか美さんを取り上げます。 ぱ …

no image
【Wiki風プロフィール】飯島三智がKAT-TUNを担当?SMAP×AKB戦略に批判!

こんにちは。NALです! 今回は株式会社『ジェイ・ドリーム』の取締役を務める飯島 …

【公式マークない】深田恭子が彼氏と結婚?深キョン入籍のご報告はなりすまし?Twitter画像あり

こんにちは。NALです! 今回は『深キョン入籍』を取り上げます。 2016年9月 …