暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【操作不能の症状】iPhone/Android感染スパイウェアとは?対策は警告タブを閉じる!

      2016/03/02

こんにちは。NALです!

今回は『スパイウェア』を取り上げます。

このスパイウェアとは、ユーザーの情報を抜き取るソフトを指しますが、2016年3月1日現在、この問題に関する報告がネット上で相次いでいます。

Twitterユーザーの間では次のような声が多く挙がっています。

果たしてこのスパイウェアとはどのようなソフトなのでしょうか?
また、ソフトをインストールした場合、どのような症状が起きるのでしょうか?

今回は2016年3月1日に相次いで報告されている『スパイウェア問題』について調べてみました!

スポンサーリンク

そもそもスパイウェアとは?

今回の問題を取り上げる前にスパイウェアについて簡単にご説明致します。

Webサイト「IT用語辞典」によれば、スパイウェアは次のように説明されています。

スパイウェアとは、
パソコンを使うユーザの行動や個人情報などを収集したり、
マイクロプロセッサの空き時間を借用して計算を行ったりするアプリケーションソフト。

得られたデータはマーケティング会社など、
スパイウェアの作成元に送られる。

一般的なスパイウェアはアプリとセットで配布されます。

そのため、ユーザーはアプリをインストールしているつもりでも、その裏ではスパイウェアが動作しているのです。

つまり、ほとんどのユーザーはその存在に気づかないうちにスパイウェアを受け入れてしまっている状態というわけです。

スパイウェアの症状!iPhone/Andoroidが操作不能に

スポンサーリンク

今回のスパイウェアの症状はiphoneとAndorindでのみ報告されているようです。

一体、どのような症状が現れるのでしょうか?

以下がTwitterユーザーの反応です。

スパイ

Twitterユーザーからの報告を見る限り、現れる症状は「操作不能」のようです。

手口としては「ウイルスを検出」という文言でユーザーを不安にさせ、そこからウイルス対策のソフトをインストールさせようとする目論見らしいです。

この手口は多くのスパイウェアに共通すて見られますが、本当にウイルスに感染しているのでしょうか?

もちろん、これはユーザーを巧みに騙すために用意された嘘です。

ネットセキュリティを専門に扱うサイトなどを見ても、2016年現在の技術において、サイトにアクセスした瞬間にウイルス感染の有無を調べることは不可能とのこと。

つまり、これらの警告は真っ赤な嘘ということになります。

対策は警告タブを閉じること!

今回のスパイウェアの具体的な対策ですが、情報があまり出回っていないこともあり、詳しいことは明らかになっていません。

ただ、現時点までに”騙し警告”の「OK」ボタンを押してしまったユーザーがいるようです。

そのユーザーがその後について報告しています。

どうやら「OK」ボタンを押すと、ウイルス対策用アプリのダウンロード画面に移行するようです。

このユーザーは途中でブラウザバックしたため、スパイウェアに情報を盗みとられることはありませんでしたが、最後までダウンロードしていれば、被害に遭っていたことでしょう。

このように問題のスパイウェアに関する情報が少ないため、有効な対策については報告されていません。

しかし、本記事で取り上げた”騙し警告”が現れたら、クリックせずにタブを閉じることが何よりも重要であることは事実です。

スポンサーリンク

 - 世間を震撼させた事件・事故, 政治・社会問題

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事