暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【謎の恐竜の正体】コージ魂に出演!北海道大学准教授・小林快次のプロフィールに刮目せよ!結婚はしてる?

      2016/03/01

こんにちは。NALです!

今回は恐竜学者の小林快次さんを取り上げます。

小林快次さんといえば、古生物学史において長年”謎の恐竜”とされていた”デイノケイルス”の正体を突き止めた人物として世界的に有名な方です!

恐竜学者を名乗る人間で彼の名を知らない人間はなく、その知名度たるや”世界をリードする33人の古生物学者”として世界に紹介されるほど。
現在でも化石発掘の第一線で活躍する傍ら、北海道大学で教鞭を執る准教授でもあります。

自身が世界を牽引する古生物学者のひとりでありながらも大学では後進の育成にも尽力されています。

今回は日本が世界に誇る恐竜研究の第一人者、小林快次さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

恐竜学者・北海道大学准教授、小林快次のプロフィールはこちら

まずは彼のプロフィールを見ていきましょう。

【小林快次】

生年月日:1971年12月23日

年齢:43歳

出身地:福井県

職業:恐竜学者/古脊椎動物学研究者/北海道大学総合博物館 准教授

学歴:横浜国立大学 ⇒ ワイオミング大学 地質学物理学科 卒業 ⇒ サザンメソジスト大学大学院 博士号取得

今でこそ恐竜研究の第一人者として日本を代表する学者となった彼ですが、彼と恐竜の出会いは中学生時代にまで遡ります。

それは中学1年生の時。
当時、彼は理科クラブに所属する理系少年でした。

ある日、クラブ活動の一環としてアンモナイトの化石採集に出かけたことが全ての始まりだったのです。

他の生徒が順調に化石を採集する中で彼だけは化石を採集するどころか発見することさえできなかったと言います。
もともと化石に興味のなかった理系少年ではありましたが、この時の体験が悔しさとともに彼の記憶に刻みつきました。

化石採集を終えた後、彼は引率した先生に「もう一度連れて行って下さい」と直談判します。

こうして彼の化石にかける人生が開かれたというわけです。
何気ない体験がきっかけとなって恐竜研究の人生をスタートさせた彼は地元の高校を卒業すると横浜国立大学へと進学。

しかし、大学入学後、1年も経たずにアメリカへと渡ります。

渡米後はワイオミング州へと渡り、ワイオミング大学にて地質学を学びます。
彼の研究意欲は尽きることがなく、同大学では飛び級で学士優秀賞を取得してしまうほどの熱のいれようでした。

同大学卒業後はテキサス洲に戻り、ダラスにあるサザンメソジスト大学に進学。
そこで彼は日本人としては初となる恐竜の博士号を取得します。

また、2004年には恐竜研究のバイブルと言われる『Dinosauria』の一部を執筆しているのです。
これも日本人としては彼のみが執筆に携わっており、先ほどの博士号とともに日本人初の快挙を打ち立てました。

こうして世界をリードする古生物学者となった彼はついに2014年10月に”謎の恐竜”とされてきたデイノケイルスの正体を突き止め、世界中を震撼させたのです。

謎の恐竜、デイノケイルスの正体が判明するまで

スポンサーリンク

謎の恐竜ことデイノケイルスの画像がこちらです。

彼が初めてデイノケイルスの化石を出会ったのは2001年のこと。
それはフィンランドのヘルシンキで開催されたモンゴル化石展でした。

化石展といっても全身の化石が展示されているのではなく、デイノケイルスに至っては肩と前肢しかありませんでした。

そのため、この恐竜の全容は謎に包まれていたのです。

しかし、彼は肩と前肢の化石を見た瞬間に次のように確信したと言います。

「とにかく大きい、というのが第一印象です。一目見て、これは間違いなくオルニトミモサウルス類だと確信しました」

オルニトミモサウルス類については以下の引用をご覧下さい。

オルニトミモサウルス類は、ティラノサウルスなども含まれる獣脚類の恐竜のうち、「ダチョウ恐竜」といわれる一群の恐竜である。

小さな頭に長い首、ほっそりとした長い後肢という、ダチョウに似た体つきの二足歩行をする恐竜で、足が速かったと考えられている。

つまり、デイルケイルスの肩と前肢にはオルニトミモサウルス類の特徴と符号する部分があったというわけです。

しかし、同時に問題もあったと言います。
それはオルニトミモサウルス類にしては前肢が大きすぎたということ。
そのため、彼の中に確信はあったものの断言はできないというもどかしさを長年抱えていたのです。

しかし、2006年〜2010年にかけて事態は大きく進展します。

それは彼がモンゴルのゴビ砂漠で化石の発掘調査に参加した時のこと。
この時の調査で1965年に初めて発見されたデイノケイルスの化石の発掘地点を特定することに成功したのです。

また、2006年と2009年には新たな骨格化石が2組発見されました。
最初に発見された化石と組み合わせるとデイノケイルスの全身の骨格がほぼ解明され、オルニトミモサウルス類であることが証明されたのです。

こうして最初の化石発掘から半世紀以上も謎とされてきたデイノケイルスの正体が解き明かされたました。
これが歴史的快挙であることは言うまでもありません。

人類にとって彼が果たした役割を非常に大きいと言えます。

小林快次は結婚してるの?

恐竜研究の先駆者として世界をまたにかけて活躍する彼ですが、私生活では結婚しているのでしょうか?

調べたところ、現在、彼が結婚しているという情報は確認できませんでした。(2015年9月7日現在)

毎年、化石調査のために4〜5ヶ月の間は世界各国を飛び回り、化石調査に没頭している彼だけに結婚は難しいのかもしれません。

月並みな言い方になりましが、今は仕事が恋人といったところでしょうか。

まとめ

今回は日本が世界に誇る恐竜学者、小林快次准教授について調べてみました。

彼が正体を突き止めた”謎の恐竜”デイノケイルスの全容解明は歴史的快挙だけでなく、人類史にも大きく貢献しました。
彼なくしてデイノケイルスの謎は解明されなかったことでしょう。

今後も世界中を驚嘆させる報告を楽しみにしています!

関連記事はこちら!

今回の話題と関連のある記事を厳選しました。
是非一度ご覧下さい!

【枕の噂】渡辺淳一と関係を持った女優は黒木瞳?川島なお美?家族や子供(直子)について

【3人の弟の現在】ちばてつやの嫁や息子、娘について!『キャプテン』の原作者は誰?

【体重102kg】Dr.まあや(本名:折居麻綾)のプロフィール(経歴・年齢・高校・大学)をWiki風に!勤務先の病院はどこ?結婚や子供について

【反日疑惑に反論】ロバートキャンベルは結婚してる?それとも独身?家族は猫だけ!?

スポンサーリンク

 - 偉大な功績を残した偉人や学者, 明らかになった意外な経歴や過去

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

【結婚⇒引退】上林英代の病気は癌!旦那や姉の名前/画像は?小林礼奈と似てる?画像あり

こんにちは。NALです! 今回は上林英代(かみばやし ひでよ)さんを取り上げます …

【東大大学院教授】金森修氏のWikiプロフィール!出身地/学歴/経歴/受賞歴について※画像あり

こんにちは。NALです! 今回は金森修氏を取り上げます! 金森修氏は東大大学院の …

【子供(娘)あり】”翼の王国”画家死去!堀越千秋の家族!Wikiプロフィール,画像あり

こんにちは。NALです! 今回は堀越千秋氏を取り上げます。 あなたは堀越千秋とい …

【滝川クリステルとCM共演】サッカー選手、ハメス・ロドリゲスは年収36億!結婚して嫁や子供までいた!

こんにちは。NALです! 今回はサッカー選手のハメス・ロドリゲスさんを取り上げま …

【引退理由】高木万平&心平の見分け方!実家は金持ちで豪邸!画像あり

こんにちは。NALです! 今回は高木万平さん(兄)、高木心平さん(弟)を取り上げ …

【現在は女】KABA.ちゃんが戸籍変更&改名!「声が変」「高畑淳子に似てる」との噂!昔の顔画像あり

こんにちは。NALです! 今回はKABA.ちゃんを取り上げます。 KABA.ちゃ …

【中国ドラマに革命】”悪の日本兵”で有名な矢野浩二をWiki風に!『黒蜥蜴』にも出演

こんにちは。NALです! 今回は俳優の矢野浩二さんを取り上げます。 &#8220 …

【浮気/DV?】澤村拓一が元嫁,森麻季と離婚した理由!再婚はした?

こんにちは。NALです! 今回は澤村拓一(さわむら ひろかず)選手を取り上げます …

【パリコレのギャラ判明!】IVANとキムタク、HAKUEI(ペニシリン)の驚きの関係!元カレは俳優・速水もこみち?歌手や本名について

こんにちは。NALです! 今回はモデルのIVAN(アイヴァン)さんを取り上げます …

【偏差値/評判/学費】ウィッツ青山学園高校の不適切な授業(スクーリング)とは?校長の名前や顔写真!

こんにちは。NALです! 今回は『ウィッツ青山学園高校』を取り上げます。 ウィッ …