暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【高木聖雨との関係】死去した書道家,高木聖鶴の経歴や弟子!画像あり

   

こんにちは。NALです!

今回は高木聖鶴(たかぎ せいかく)氏を取り上げます。

あなたは高木聖鶴という人物をご存知でしょうか?

聖鶴氏は文化勲章を受賞した書道家として活躍されていました。

あえて「活躍していた」と過去形で表現したのには理由があります。

というのも、聖鶴氏が既に死去しているからです。

同氏の訃報について2017年2月24日に配信された「毎日新聞」は次のように報じています。

高木聖鶴さん93歳

<本名・高木郁太=たかぎ・いくた>

(書家、
文化勲章受章者、
日本書芸院最高顧問、
日展顧問)

24日、
肺炎のため死去。

葬儀は近親者のみで営む。

お別れの会は4月28日午前11時、
岡山市北区駅元町1の5のホテルグランヴィア岡山。

自宅は岡山県総社市真壁1072。

喪主は書家の長男聖雨(せいう)さん。

本名・茂行(しげゆき)。

総社市出身。

1947年から県出身のかな書道の大家、
故内田鶴雲氏に師事。

平安朝の優雅で繊細なかな文字と力強い漢字の調和を追究し、
現代感覚あふれる独自の表現様式を確立した。

91年に日展内閣総理大臣賞、
95年に日本芸術院賞を受賞。

2006年には文化功労者に選ばれ、
13年に文化勲章を受章した。

同紙が報じている通り、聖鶴氏の死因は肺炎でした。

今回の訃報を受けてネット上では以下のことが話題となっているようです。

(1)死去した書道家,高木聖鶴氏の経歴!弟子は200人以上

(2)高木聖鶴氏と高木聖雨氏は師匠・弟子の関係ではなかった

果たしてこれらの話題は真実なのでしょうか?

今回は2017年2月24日に死去された書道家、高木聖鶴氏について調べてみました!

スポンサーリンク

死去した書道家,高木聖鶴氏の経歴!弟子は200人以上

冒頭で引用した毎日新聞により、2017年2月24日に死去されたことが報じられた高木聖鶴氏ですが、同氏は文化勲章を受賞するなど書道界における重要な人物として長年活躍されました。

ただ、世間一般での知名度は決して高いとは言えません。

中には今回の訃報で初めて高木聖鶴の名前を知ったという方も少なくないでしょう。

そこで、聖鶴氏の経歴について調査した結果がこちらです。

1923年(大正12年):
岡山県で出生。

岡山県高梁中学校を中退。
(現・岡山県立高梁高等学校)

1947年(昭和22年):
書家の内田鶴雲に師事。

1950年(昭和25年):
日本美術展覧会(日展)初入選

1981年(昭和56年):
日展審査員(通算7回)

1991年(平成3年)1月:
現代書道20人展「かな」部門で新メンバー
(上野松坂屋)

1995年(平成7年):
読売書法会常任総務
日展理事
(1998年(平成10年)まで)

1998年(平成10年)6月:
朝陽書道会屏風展
(高島屋岡山店)

1999年(平成11年):
日展常務理事
(2000年(平成12年)まで)

2000年(平成12年)5月:
「2000日本書芸院展」出品
(大阪・天満橋松坂屋)

2001年(平成13年):
日展理事
(2003年(平成15年)まで)

2003年(平成15年)8月:
高木聖鶴書展「美しい百人一首・みやびの世界」

2004年(平成16年)5月:
「高木聖鶴書展」
日展参事

2005年(平成17年):
日本書芸院名誉顧問

(Wikipediaより引用)

上記の経歴を持つ聖鶴氏ですが、現在までに同氏には数多くの弟子が存在しています。

その数なんと200人以上。

これまでに聖鶴氏による作品の展示会が開催されましたが、その場には同氏の弟子が数多く足を運んでいます。

その一例としてWEBサイト「KCTワイド」は次のように報じています。

総社市在住の書家高木聖鶴さんの文化勲章受章を記念した「高木聖鶴展」が岡山県立美術館で始まりました。

高木聖鶴展の開幕を祝うオープニングセレモニーには高木聖鶴さんをはじめ伊原木隆太岡山県知事などが出席しました。

高木さんはこれまで70年以上にわたって書道に取り組んできたことを振り返り多くの人に支えられたことを感謝していました。

テープカットをして開幕を祝い、
高木さんに書道を習った弟子など200人以上の人が早速、
高木さんの書を堪能していました。

高木聖鶴氏と高木聖雨氏は師匠・弟子の関係ではなかった

スポンサーリンク

今回の訃報を受けて世間一般から大きな注目を集めている高木聖鶴氏ですが、それに伴って息子の聖雨氏にも関心が集まっています。

冒頭でも触れた通り、聖鶴氏と聖雨氏は親子の関係です。

名前が同じ「高木」であることから、ネット上では2人の関係を問う声が散見されていましたが、今回の訃報により、お互いが親子であることが明らかになりました。

息子の聖雨氏も父親と同じく書道家として活動されていますが、2人は師匠・弟子という関係ではありません。

実は、聖雨氏が師事していた人物は父・聖鶴氏ではなく、青山杉雨氏だったのです。

このことについてブログ「好きこそものの上手なり」は次のように記しています。

新井先生は西川寧門下の一人で、
愛弟子には青山杉雨氏がいる。

(中略)

青山氏の直弟子は数多くいるが、
若手では高木聖雨氏がいる。

文化勲章者、
高木聖鶴氏のご子息でもある。

(2016年1月21日投稿)

この中で記述されている通り、聖鶴氏と聖雨氏は実の親子でありながらも、書道では別々の道を歩んでいたことになります。

現在のところ、息子の聖雨氏はWikipediaが作成されていないため、同氏の詳しい素性は分かっていません。

ただ、「山陽新聞デジタル」の報道によると、大東文化大学の教授を務めていることが明らかになりました。

高木さんは、
文化勲章受章者のかな書家高木聖鶴さん(総社市)の長男で大東文化大教授。

漢字書家故青山杉雨さん(文化勲章受章者)らに師事し、
02年から日展会員。

全国規模の漢字書団体・謙慎書道会の理事長を務めている。

(2015年10月30日投稿)

スポンサーリンク

 - あの人の子供や家族, 偉大な功績を残した偉人や学者, 明らかになった意外な経歴や過去, 気になるあの人の現在・過去

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

【子供や経歴】元NHKアナ酒井広が心不全で死去!画像あり

こんにちは。NALです! 今回は酒井広(さかい ひろし)アナウンサーを取り上げま …

【破局or結婚?】村上茉愛,白井健三の熱愛プリクラ画像!彼氏の父親,母親は体操教室を経営

こんにちは。NALです! 今回は村上茉愛(むらかみ まい)さんを取り上げます。 …

【不仲,共演NG】角田信朗,松本人志の確執!真相や業務停止処分の理由は?

こんにちは。NALです! 今回は角田信朗さんを取り上げます。 角田信朗さんといえ …

【初ヌー○】冨手麻妙(女優)のAKB卒業理由は解雇!Wikiプロフィール/本名!※画像あり

こんにちは。NALです! 今回は冨手麻妙(とみて あみ)さんを取り上げます。 あ …

【夫/子どもあり】みかん(ものまね芸人)のレパートリーが凄い!似てないの声も

こんにちは。NALです! 今回はものまね芸人の『みかん』さんを取り上げます。 み …

【舞台の共演で熱愛へ】鈴木浩介と蒼井優の破局理由に絶句!

こんにちは。NALです! 今回は俳優の鈴木浩介さんを取り上げます。 鈴木浩介さん …

【死去の死因】登山家ウーリーステックが乱闘!化物という評価や登頂記録!画像あり

こんにちは。NALです! 今回はウーリー・ステック氏を取り上げます。 ウーリー・ …

【年収1000万確定】サロネーゼ・遠野舞子の今!謎に包まれた結婚相手(夫)や子供について

こんにちは。NALです! 今回はタレントの遠野舞子さんを取り上げます。 現在30 …

【死因:多発性骨髄腫?】ロバートJウォラー死去!マディソン郡の橋のあらすじは実話?

こんにちは。NALです! 今回はロバート・ジェームズ・ウォラー氏を取り上げます。 …

【北川景子と不仲/共演NG?】前田敦子の退席理由は帽子?真相や反論は?

こんにちは。NALです! 今回は前田敦子さんを取り上げます。 前田敦子さんといえ …