暇人ジャーナル

〜最高のスキマ時間をあなたへ〜

*

【PPAP商標出願】元弁理士,上田育弘の経歴/顔画像!ベストライセンス株式会社による特許大量申請の目的

      2017/01/27

こんにちは。NALです!

今回は上田育弘氏を取り上げます。

あなたは上田育弘という人物をご存知でしょうか?

上田氏は芸能人ではなく、ごく普通の一般人です。

そのため、彼の存在を知る人間など少数でしょう。

しかし、ここに来て世間は上田氏に大きな関心を寄せることになっているのです。

ことの発端は「弁護士ドットコム」の記事でした。

というのも、同紙の中で”ある会社”がPPAPの特許を出願していたことが明らかになったからです。

もちろん、PPAPを商標出願した会社はピコ太郎およびエイベックスとは全く関係ありません。

つまり、今回の一件は無関係の会社がPPAPを商標出願したことになるわけです。

このことについて2017年1月24日に配信された同サイトは次のように報じています。

ピコ太郎さんの大ヒット曲「Pen-Pineapple-Apple-Pen(PPAP)」で使われるフレーズ「ペンパイナッポーアッポーペン」などが、
大阪府内にある無関係の企業によって商標出願されていたことがわかった。

商標登録出願についてツイッターで情報を流しているアカウントの投稿が1月24日夜、
ツイッター上で話題になった。

弁護士ドットコムニュースが、
特許や商標の検索サイト「J-PlatPat」で調べたところ、
昨年11月に出願されていたことが確認できた。

「ペンパイナッポーアッポーペン」は昨年11月24日と同月25日、
「PEN PINEAPPLE APPLE PEN」は同月15日と同月28日、
それぞれ2度にわたって、
商標を使用する商品・役務をわけたかたちで商標出願されている。

また、
昨年10月5日と11月15日、
28日には「PPAP」も商標出願されていた。

いずれも審査待ちとなっている。

一方、
ピコ太郎さんが所属するレーベルを傘下におさめるエイベックス・グループ・ホールディングスは昨年10月14日、
「PPAP」を商標出願しているが、
確認できるかぎり

「ペンパイナッポーアッポーペン」

「PEN PINEAPPLE APPLE PEN」

については出願していない。

大阪の企業は、
過去にも

「STAP細胞はあります」
「民進党」

といった言葉など、
既存の団体や人物に関連した商標を出願していた。

特許庁は昨年5月、

「一部の出願人から大量の商標出願が行われている」

として注意喚起する声明を発表していた。

同サイトが報じている通り、PPAPを商標出願した会社は大阪にあるようです。

また、同サイトが報じたところによれば、この会社は過去にも様々なフレーズを特許申請していたことが窺えます。

そして、この会社の代表を務める人物こそ、今回取り上げる上田育弘氏だったのです。

一体なぜ、上田氏は商標出願を大量に出願しているのでしょうか?

また、上田育弘とはどんな人物なのでしょうか?

今回の一報を受けてネット上では以下のことが話題となっているようです。

(1)PPAPを商標出願した上田育弘(元弁理士)の経歴は?特許大量申請の理由,目的が判明※顔写真あり

(2)上田育弘が代表を務める「ベストライセンス株式会社」とは?

(3)上田育弘がPPAPの商標を巡り、エイベックスに警告書を送付していた

果たしてこれらの話題は真実なのでしょうか?

今回はPPAPの商標出願をした上田育弘氏について調べてみました!

スポンサーリンク

PPAPを商標出願した上田育弘(元弁理士)の経歴は?特許大量申請の理由,目的が判明※顔写真あり

冒頭で引用した弁護士ドットコムにより、エイベックスよりも先にPPAPが商標出願されていたことが明らかになりました。

そして、PPAPを商標出願した人物が件の上田育弘氏でした。

上田育弘

一体、上田氏はどんな人物なのでしょうか?

そこで、上田育弘氏の経歴について調査してみたところ、その素性は一切公表されていないことが分かったのです。

そのため、上田氏の経歴やプロフィールは全て不明です。

ただ、「朝日新聞デジタル」の報道により、彼が特許を大量に申請する理由(目的)が判明しています。

特許大量申請の目的について2016年6月30日に配信された同紙は次のように報じています。

「検索に頻繁に引っかかり、

『ああ、またか』

と思う。

その都度、
顧客に説明するのが大変」
(弁理士)

と非難を浴びるのは、
大阪府在住の元弁理士、
上田育弘氏(53)。

知的財産の情報サイト運営会社「ルート ip」によると、
2015年に上田氏と同氏が代表の会社は計1万4786件を出願した。

国内全体の約14万7千件の約1割を占め、
他を大きく引き離す。

(中略)

上田氏は、
他の企業や団体がすでに使っている商品名を中心に、
14年ごろから大量出願を始めたようだ。

携帯電話を意味する「MOBILE」という言葉には、
頭にAからZまでつけて26種類を出し、
NHKの朝ドラ「あまちゃん」で有名になった「じぇじぇ」などの流行語も数多い。

(中略)

上田氏に直接、
狙いを聞いた。

「将来自分で使う、
他人に権利を譲渡する、
先に出願しておくことで権利を仮押さえする三つが狙い。

(出願中に)
権利が欲しいという人が現れれば、
ビジネスになる」

と売買目的を認めた。

(中略)

近く、
商標を取引するためのホームページを立ち上げる予定だとも話した。

業界団体の弁理士会は

「直接的な対応は難しいが、
制度の趣旨に反していることは明らかだ」

と反発している。
(高木真也)

同紙が報じている通り、上田氏が商標出願を大量に申請している理由は売買目的だったのです。

つまり、上田氏は自分が押さえた商標を他人に売りつけることで利益を得ようとしているわけです。

仮にPPAPの商標出願が受理されれば、上田氏はエイベックスに権利を売りつける気なのでしょう。

ただ、同紙が報じたところによると、上田氏の商標出願は「審査待ち」とのこと。

恐らく、事態を重く見た特許庁が上田氏の行為を規制するために下した処置なのでしょう。

特許庁が対応に乗り出したことから、上田氏によるの大量の商標出願は受理されない可能性が高いと言えます。

上田育弘が大量の商標出願の理由を「金目的ではない」と釈明

今回のPPAP商標出願により、世間から大きな注目を集めている上田育弘氏とベストライセンス株式会社ですが、同社の代表である上田氏はメディアの取材に対して大量の商標出願の理由を次のように釈明しています。

上田育弘

メディアからの取材を受けた上田氏は「不当な利益を得ようとしているわけではない」と主張しています。

しかし、PPAPの事例だけを見ても分かる通り、全く無関係の上田氏がPPAPの商標を押さえようとする行為は権利侵害以外のなにものでもありません。

上田氏のように、全く関係のない企業・人物が他人の商標を出願し、それを第三者に売りつける行為は「パテント・トロール」または「トロール・ビジネス」などと呼ばれ、世界各地で問題となっています。

トロール・ビジネスについて弁理士である越場洋氏は自身のブログの中で次のように綴っています。

彼(=上田育弘氏)が何を考えているのか、
少しずつわかってきたような気がします。

要は、
将来的に利用できる可能性が少しでもある商標は、
とりあえず出願するのだと。

その中で、
活用の可能性が出てきたものについては料金納付をして登録を目指すと。

活用方法は、
主に第三者へのライセンスや譲渡を考えていると。

実際にBITOの件ではライセンス供与の提案をしたと。

このような商売を、
「商標ゴロ」といいます。

使用予定のない商標権を多数保有して、
必要としている人に高額で売りつけたり、
損害賠償を請求するわけです。

特許の世界では「パテント・トロール」などと呼ばれ、
問題になっています。

※本人ブログ「弁理士 越場洋のブログ」
(2016年7月1日投稿)

上田育弘が代表を務める「ベストライセンス株式会社」とは

スポンサーリンク

前項で述べた通り、上田育弘氏が大量に商標出願をしている理由は売買目的です。

ただ、前項で引用した朝日新聞デジタルの中では上田氏が代表を務める会社の名前までは明かされていませんでした。

しかし、ネット上では既に彼が経営する会社の名前が「ベストライセンス株式会社」であることが特定されているのです。

そのきっかけとなったのが、弁護士である佐藤正樹氏による以下のツイートでした。

速報!

PPAPの商標登録が、
なんとエイベックスより先に、
あの「ベストライセンス株式会社=元弁理士の上田育弘」に出願されていた。

この会社以前にも報道されていた有名な会社

(2017年1月25日投稿)

この投稿をきっかけに、世間は「上田育弘=ベストライセンス株式会社」であることを知ることになったわけです。

また、検索サイト「J-PlatPat」で検索したところ、確かに「ベストライセンス株式会社」の名前が記載されていました。

検索結果の画像がこちらです。

ベストライセンス株式会社

では、一体、ベストライセンス株式会社とはどんな会社なのでしょうか?

そこで、この会社について調査したところ、WEBサイト「Enpedia」では次のように記述されていました。

株式会社ベストライセンスは、
商標登録出願を出しまくっている謎の会社。

●会社概要
所在地
大阪府茨木市 中総持寺町
4番12号
プリンスハイツ301号

●概要
商標出願を大量に出していることで有名で、
同じく個人名義で商標出願を大量にしている上田育弘と同じ住所に存在する会社。

2014年以前も上田育弘は商標出願を大量にしていたが、
2015年以降はベストライセンス名義でも商標出願をしているようで、
商標出願数は一位がベストライセンス、
二位が上田育弘となっている。

2015年の年末時期を除いた商標出願はベストライセンスと上田育弘を合わせて6,656件で全体の商標出願の約13%にものぼっている。

そのため、
たびたびネットでも話題になった。

商標登録出願料は決して安いものではなく、
これらの商標出願の料金を払っているとすると一億円以上の費用がかかっているはずだが、
後述の特許庁が一部の出願人の方について書いた記述を見ると、
ベストライセンスは出願料を払わずに商標出願を却下されている可能性も高い。

同サイトの記述を見る限り、上田氏が代表を務めるベストライセンス株式会社は商標出願をしておきながら、登録料を支払っていないことが窺えます。

ベストライセンス株式会社については上記以外のことはほとんど公表されていないため、その詳細は不明です。

ただ、一連の商標出願の乱発を見れば分かる通り、ベストライセンス株式会社が真っ当な企業ではないことは分かります。

上田育弘がPPAPの商標を巡り、エイベックスに警告書を送付していた

※2017年1月27日追記
その後の報道により、上田育弘氏がエイベックスに権利侵害の警告書を送付していたことが明らかになりました。

このことについて2017年1月26日に配信された「毎日放送」は次のように報じています。

大ヒット曲「PPAP」のタイトルや、
決め台詞の「ペンパイナッポーアッポーペン」がピコ太郎さんとは無関係の大阪の会社によって商標出願されていたんですが、
経営者の男性がMBSの取材に応じました。

男性は、
「レコード会社に警告書を送った」と明言しました。

(中略)

「あれはたぶん…
インターネットかテレビで見て出願したんだと思います。

きょう
エイベックスさんの方に商標に関する警告書を郵送しました。

私が(商標を)出願していますので、
それを無視して事業を進めたら、
今後商標権侵害になる可能性がありますので…」
(ベストライセンス社 上田育弘さん)

(中略)

「(商標には)
盗むという概念はないんですよ、
原則として。

だから私自身は不正な利益は一切求めない。

正当な利益を求めていく。

(エイベックスには)
当社と交渉の上、
ライセンス許諾を受けた上、
事業展開をするようにと警告書を発送しました」
(上田育弘さん)

同局が報じている通り、上田氏はあくまでも強気の姿勢を貫いています。

確かに、現行の商標法上、彼の行為は問題ないのかもしれません。

しかし、法律上の問題がないからと言えど、彼の行為は著しくモラルを欠いています。

「他人のふんどしで相撲を取る」ということわざがありますが、それはまさに上田育弘氏を指す言葉でしょう。

スポンサーリンク

 - 世間での評価やバッシング, 世間を震撼させた事件・事故, 明らかになった意外な経歴や過去, 気になるあの人の現在・過去

Comment

  1. g3 より:

    特定の弁護士のtweetがきっかけとか無関係に、
    「商標登録BOT」をフォローして珍妙な申請内容を楽しんでいるクラスタの間では、
    以前から有名人&有名企業です。

  2. 萩原 より:

    発明でないのに特許を取れるんですか?

    商標の間違えですか?

  3. ごろうまる より:

    >不当な利益を
    じゃなくて「不正な利益」ですよ

    目的は金儲けですが、
    法律には違反してないという意味です。

  4. キング より:

    他人のネタとかを自分の物にするとか、
    金儲けの為しか考えられんけど。

    実に質が悪いお方だ。

  5. ふーちゃん より:

    今朝の「とくダネ!」見ました。

    優秀すぎて、
    世間離れしたことを実践している人。

    ビジネスモデルって言ってもね、
    周囲を敵に回す儲け方はいかがなものかと思いますが…

    商標登録のいろんな問題点を取材班に提起しつつも、
    やっぱり、
    自分の利益が再優先なんでしょうか?

  6. 大阪です より:

    同じ大阪人として恥ずかしい。

    他のサイトで関西人○ねって書かれていた。
    同じにしないで欲しい。

    こんなやつと。

  7. ああああ より:

    生産者の権利を第三者が横からしゃしゃり出てきて、
    恫喝宜しく

    「お前が作った物だけど、
    その名前で販売するなら俺に金を払えやコラァ」

    これが商標ビジネスですどやぁ!

    1万7000件の殆ども、
    収入印紙代未払いデース!

    これが、
    金目的でなく何目的だと?w

    第三者が、
    勝手に商標登録する事が根本的に間違ってるので
    特許庁はコレを反面教師として今後の対応をしっかりして欲しいわw

  8. 名古屋市 一般人 より:

    ピコ太郎さん自身が知らない「商標登録を先にしていた他人様」については、
    その人に悪意があるかないかが問題になることなので、
    ピコ太郎さん自身の言う通り「私は何も知りません。」が正解だと思います。

    後始末は、
    特許庁の業務ですし、
    ピコ太郎さんのように「いろんなPPAP」でいいんですよってことかなあ。

  9. 酒好き爺さん より:

    全くな情けない人間です。

    これだけの件数を出願するためには仕事もせず、
    これに没頭しているのでしょう。

    昔から居ますがこれを「遊び人」「ごくつぶし」というまともに仕事もせず金を稼ごうとする最低の人間、いや!、欲に負けた動物でしょう。

    人間ではありません。

    家族があれば悲惨な生活をしているのでしょうね。

  10. 平成の水戸光圀 より:

    人のものをあたかも自分のもののように特許をとろうなんてバカげてる。

    上田育弘は社会的な制裁を受けるべきだ。

    上田育弘=日本のドナルド・トランプだ。

  11. ぱん。 より:

    商標権を主張してるけど、
    作ったピコ太郎の著作権の侵害にはならないの?

    ほんとに厚顔無恥。

    開き直りというか、
    良い金儲けのアイディアとか思っているんだろうけど…
    屁理屈ばかり並べる詐欺師じゃん。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

【結婚/旦那/子供は?】落語家,露の雅死去!Wikiプロフィールや経歴!画像あり

こんにちは。NALです! 今回は露の雅(つみのみやび)さんを取り上げます。 あな …

【鳩山邦夫死去】激やせの原因は病気?死因は癌/糖尿病?※画像あり

こんにちは。NALです! 今回は鳩山邦夫氏を取り上げます。 鳩山邦夫氏といえば、 …

【電車事件の犯人画像】齋藤飛鳥はミャンマーとのハーフ!高校はどこ?

こんにちは。NALです! 今回は齋藤飛鳥さんを取り上げます。 齋藤飛鳥さんといえ …

【死亡率0%】聴神経腫瘍の名医・佐々木富男の経歴や高校名、評判をWiki風に!勤務地は名古屋と福岡?福島孝徳との関係とは

こんにちは。NALです! 今回は脳神経外科の名医・佐々木富男医師を取り上げます。 …

【ラグビー日本代表】五郎丸歩選手のキック前ポーズはウィルキンソンのオマージュ!結婚して嫁や子供までいた?

こんにちは。NALです! 今回はラグビー日本代表の五郎丸歩選手を取り上げます。 …

【レコード大賞買収】三代目JSBに文春砲!HIROがLDH社長を退任する理由

こんにちは。NALです! 今回は「三代目J Soul Brothersによるレコ …

【売り子画像】摺河洸のWikiプロフィール/高校/大学!Facebookから兄判明!彼氏は?

こんにちは。NALです! 今回は摺河洸(するが ほのか)さんを取り上げます! 2 …

【嫁との離婚理由=宗教】横内正の事実婚相手は詩笛立季!Wikiプロフィール,画像は?

こんにちは。NALです! 今回は横内正さんをとりあげます。 横内正さんといえば、 …

【恥を知れ】ロナウドが東京取材で日本人の子供を救う!難病の子供も全面支援していた!

こんにちは。NALです! 今回はサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド選手を取 …

【馴れ初め】結婚間近の秋元梢,松田翔太に破局説?姉(優)の病気とは?画像あり

こんにちは。NALです! 今回は秋元梢さんを取り上げます。 秋元梢さんといえば、 …